サイトマップ お問合せ

nano.jpg

Group
Company
 
http://www.thinklead.co.jp/ 
シンクリードの役割は、主に流通に関わるシステムの開発と運用です。ミツヤは、日本と上海に物流センターを持ち、かつ「ファイナンス物流」といった特徴的な業務も行っています。そういった環境と、シンクリードが持つシステム面における技術と経験を融合すれば、小売店棟の業務に複合的なサービスが提供できます。
例えば、在庫管理など増大するデータ処理を分担することによって、作業精度と在庫精度が高まります。あるいは、中国からの出荷情報を正確に把握したいといったニーズにも応えられます。「物流」と「商流」の両輪で突き進むミツヤに、「情報流」という新たな力をプラスする、それがシンクリードの役割です。
お客様の不満 シンクリードならこうなる
在庫をリアルタイムで把握したい。 シンクリードは、流通に携わるさまざまな
お客様の悩みに、ITソリューンョンで応えます。
商品の受発注システム、在庫管理システムは
もちろん、業務のシステム面に関すること、
物流システムの効率化に関することなら
なんでも承ります。
どうぞお気軽にご相談ください。
中国から輸入する商品の正確な動きをつかみたい。
取引先の受発注システムに対応できない
業務をIT化したいがどうすればいいのかわからない。
システム面に不安を持つお客様を、技術と経験でサポートします。
流通に関わるシステムというものは実に特異で、なかなかパッケージ化して「はいどうぞ」と手渡せるようなものではありません。その会社独自の特徴や、環境に対応できるものにするためには、長年にわたる業界での経験やノウハウが不可欠です。シンクリードは、ミツヤコーポレーショングループにあってシステム開発や運営を担う会社です.ミツヤ自身のシステム面での強化を担うことはもちろん、在庫管理システムや受発注システムを備えていない専門店様、メーカー様などに、最先端のITによるソリューンョンをご提供できます.どんなことでも、まずはお気軽にご相談ください。きっと貴社に最適なソリューンョンご提供できることと思います。
シンクリード株式会社 社長 大和隆司
「情報流」が実現する物流ソリューション
中国へ生産拠点がどんどん移っている現在、上層ミツヤという物流拠点を持っていることはミツヤの大きな強みです。シンクリードでは、この上海ミツヤを流れる商品の情報処理システムを整備し、在庫比較や入荷予定情報・出荷予定情報などを管理することによって、量販店様、メーカー様の事務作業を間違いなく軽減させることができます。さらに企画・生産管理を行うグループ企業でありストックされていく出荷情報などを、活かして売れ筋など分析するなど、効果的な連携も可能です。情報を分析することによって新しいものを生み出す足掛かりを作る、それもシンクリードの役割です
情報化物流システムも商品のひとつです
これまで、さまざまな物流ソリューションを提供してきたミツヤコーポレーション。その業務は「物流」の枠を大きく超え、ファイナンス業務や通関代行といった新たな「商流」という流れを生み、多くのお客様に利用されてきました。さらに、この流れにシンクリードによる「情報流」が加わることで、幅広いソリューションをお客様に提供できるようになりました。ITの力により、見えにくかったモノの流れをひと目で把握できるようにする。シンクリードは、ミツヤとともに『情報化物流」を提供することで、お客様の業種の効率化をサポートしてまいります。
Back Next